美しい眉の形・描き方や作り方

お洒落を楽しむためにはいろいろな
スタイルを覚えておくと便利。

かがやきコスメでは主に「化粧品・コスメ」
についての情報をお届けしていますが、

総合的な「キレイ」を目指すなら、メー
メイクアップ、ヘアスタイルなども重要な
テーマです。

ということで、本日は美しい眉の描き方
について方法や解説をご紹介します。

先日、地元のニュースペーパーで
紹介されていた、美しい眉の描き方
についての情報です。

お顔の印象が決めるポイントの一つ
として、

眉の形や位置

があります。

美しい眉とはどのような感じなのでしょうか?

まずはこちらの画像をご覧ください。

美しい眉の理想的な位置
※京都新聞より転用

画像1が「眉頭」です。

目頭の真上より少し中央側に来るように
描きます。

画像2の「眉尻」は、

「小鼻と目じりを結んだ延長線」

「眉頭と同じ高さ」

と言うのがポイントです。

そして、画像3の「眉山」は白目の
一番外側の真上に来るように。

眉全体を3分割にすると、外側から3分の1の
ところに眉山を持ってきます。

これが3点の正しい位置です。

では、実際に眉を書いていくとの
コツをご紹介していきます。

・ペンシルは軽く握る
・眉頭は薄く、眉尻に向かって徐々に濃く

基本はこれです。

描く順番もあります。

まずは、一番濃い部分の外側からです。

眉山から眉尻に向けて1本1本毛を足すように
描いていきます。

眉尻が下がり過ぎないように注意しましょう。

先ほども申した通り、眉頭と眉尻は
同じ高さになるようにしましょう。

次に毛が多い中央部分です。

毛流れに沿ってまばらなところを
描き足してていく感じです。

最後に眉頭の部分です。

ここが濃くなると、眉全体が浮いて見えたり
キツイ印象となりますので、

特に力を抜いて軽いタッチで描くことが
ポイントです。

これで、美しい眉の描き方は完成ですよ!

鏡を見てみてください!美しい眉に
なっているでしょう?

女性のキレイをどんどん実践して
みてください^^

・眉の知恵袋
夕方、描いた眉が消えてしまうことが
多いという方は、

描いた眉の上にポンポンとおしろいを重ねて
おくと落ちにくくなりますので、ぜひ試して
みてください。

この情報は兵庫県出身の
「資生堂のヘア&メイクアップ
アーティスト百合佐和子さん」が
京都新聞で紹介されていた情報です。

百合佐和子さんプロフィール

kagayakiのつぶやき
最近は男性も「美しい眉の描き方」で
ネット検索している方が多いですね。

男性の私も眉を細くしています。^^

▲このページの先頭へ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ