敏感肌の私がファンケルのファンデーション ・化粧下地・ポアエッセンスをおすすめする7つの理由

敏感肌・アトピーの私が使っている刺激の少ない
ファンケルのファンデーションや化粧下地、
美容液ポアエッセンスについて、

私がいつも行っているメイクの手順に合わせて
その方法とメリットなどをわかりやすく解説
してみました。

こんにちは。

チョコケーキです。

今回は私が使っている、

ファンケルの基礎化粧品

についての体験談をご紹介します。

1. 私がファンケルを使い始めた理由

高校生の時からアトピーがひどかった私は、
皮膚科に通う毎日でした。

社会人になってからもアトピーはよくならず、
初めのうちは皮膚のためにお化粧もしていま
せんでした。

そんな時母が「ファンケルのお試しセット」
の広告を見つけ、私のために注文してくれました。

ファンケルの基礎化粧品化粧下地・美容液・ファンデーション

※今使っているファンケルの製品

それが半信半疑で使ってみたところとても
良かったのです。

敏感肌の私でも刺激を感じることがないくらい、
とても優しいもので、さらにアトピーに苦しんで
いた私の肌にスーッと馴染んでいきました。

そこからは、基本的にずっと
ファンケルの化粧品に頼ってきました。

2、毛穴ケアに。まずはファンケルポアエッセンスから

メイクの際、まず最初に使うのが美容液の「ポアエッセンス」です。

敏感肌の私が使っているファンケルの美容液ポアエッセンス

これを皮脂の出やすいところや、毛穴の目立つ
ところに塗っていきます。

もともと私はアトピー肌で乾燥しやすいだけでなく、
部分的に皮脂が出やすい肌のため、

「テカリ」が気になってしまいます。

実は、この「乾燥」と「皮脂の分泌」は大きな
関係があるんです。

肌は乾燥したとき、「早く乾燥を止めないといけない」
と危険信号を発します。

それに応じて肌は皮脂を分泌して、その乾燥を
修復しようとします。

結果的に乾燥と皮脂の過剰分泌が生じてしまうのです。

敏感肌の場合はもっと厄介です。

ちょっとした刺激に対して、肌は大きく反応し、
やはり、皮脂を必要以上に分泌してしうのです。
私の場合、敏感肌なのでこのことが大きな問題です。

特に、Tゾーンのテカリが気になります。

さらに、昔から母の「イチゴ鼻」を見て、
こんな風にはなりたくないと「恐怖」を
感じていました。

ファンケルのポアエッセンスは、
毛穴を引き締めて、皮脂が過剰に分泌
されるのを防いでくれます

私はTゾーンのテカリが気になるので、
メイクの前にTゾーンにこのポアエッセンス
をしっかりと塗ります。

敏感肌で皮脂が出やすい私でも、このポアエッセンス
を使うことで、テカリを抑えてくれます。

ファンケルの美容液ポアエッセンスを手の甲に乗せてのテイスト

更にこのファンケルポアエッセンスのすごい
ところは、

使い続けることで、毛穴の開きを抑え
皮脂が出にくい肌
に改善できることです。

もう15年間も使用していますが、今でもその
良さを実感しています。

メイクの前に塗る必要があるので、
少し手間がかかるのは否めません。

しかしその効果を考えると、時間をかける
価値はあります。

成分「キハダ樹皮エキス」の「収れん作用」

このポアエッセンスには「キハダ樹皮エキス」
が含まれています。

その名のとおりキハダという木の樹皮から
抽出されたエキスです。

このキハダ樹皮エキスには消炎効果があると言われ、
昔からけがの生薬として用いられてきました。

フラボノイドを多く含むため、殺菌効果を持ちます。
敏感肌の人にはぴったりですね。

また、このキハダ樹皮エキスは「収れん作用」
を持つことが大きな特徴です。

収斂作用(しゅうれんさよう)とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用である。 アストリンゼント(Astringent)効果とも呼ばれる。 収れん作用を持つ物質には止血、鎮痛、防腐などの効果があり、化粧品や医薬品として用いられる。 出典 ウィキペディア

これにより、毛穴を引き締め、皮脂の出にくい
肌へと改善してくれるのです。

3. 保湿してメイクくずれを防止。化粧下地ファンケルスキンケアベースモイスチャー

ポアエッセンスの塗布が終わると、
次にメイク下地「スキンケアベース」
を塗っていきます。

ファンケルの化粧下地スキンケアベースクリーム

このスキンケアベースを使うことで、
ファンデーションのノリを良くし、
メイクくずれを防止してくれます。

私の場合、夏には

「スキンケアベース ブライトアップUV」

を使用し、冬には

「スキンケアベース モイスチャー」

を使っています。

私がファンケルスキンケアベースを愛用する
理由はここにあります。

つまり、夏用・冬用を使い分けることによって、
それぞれ必要な効果をもたらしてくれることです。

特にファンケルスキンケアベースモイスチャーは、
私の肌にとても合っています。

なぜなら、このスキンケアベースの
大きなセールスポイントは「高い保湿力」
だからです。

敏感肌だと、乾燥とそれからくる皮脂の
過剰分泌から、メイクのノリが悪くなります。

私は元々アトピー肌でもあるので、
そのままファンデーションを塗ると、
肌の凹凸が気になることもあります。

でも、このスキンケアベースを塗れば、凹凸を
できるだけ目立たなくできますし、

同時に高い保湿力で、乾燥から肌を守ってくれます。

敏感肌・乾燥肌の私が使っているファンケルの化粧下地スキンケアクリームを手の甲に乗せてのテイスト

さらに、くすみを取り去って肌の色を均一に整えて
くれるので、

ニキビ跡なども気にならなくなるという
利点もあります。

他社のメイク下地に比べて、伸びが良いので経済的、
というのも私が好きなポイントです。

成分「ヒアルロン酸」の保湿力

このスキンケアベースモイスチャーに含まれる
成分の中で、特に際立つ成分といえばやはり

「ヒアルロン酸」

です。

誰もが知っているようにこのヒアルロン酸が、
肌の保湿を助けてくれます。

なんとこのヒアルロン酸、たった1グラムで
6リットルもの水分を保持できるのですから
驚きです。

実は、ヒアルロン酸は分子が大きいため、
肌に塗られても、奥の方には浸透していきません。

そのため肌の表面にとどまり、角質層の水分を
抱え込むことで「バリア」を形成し、

水分が内側から蒸発していくのを防いでくれるのです。

このようにして、敏感肌で乾燥しやすい私の肌に
保湿効果をもたらしてくれます。

4. 季節に合わせてお肌を保護ーファンケルパウダーファンデーションモイスチャー

最後にファンデーションを塗ります。

敏感肌でも刺激の少ない私の使っているファンケルのファンデーションケース

ファンケルパウダーファンデーションの良い
ところは、スキンケアベースと同じように、

季節によって「ブライトアップUV」と
「モイスチャー」を使い分けることができます。

敏感肌でも刺激の少ない私の使っているファンケルのファンデーション「ブライトアップUV」と「モイスチャー」を夏冬使い分ける

化粧ノリの良さアミノ酸でコーティング

「パウダーファンデーションモイスチャー」の
特徴は、やはりその保湿効果です。

私は乾燥肌なので、朝メイクをしても
時間の経過とともにカサつきやヨレが出てきます。

このパウダーファンデーションモイスチャーは
その問題を解決してくれます。

保湿成分が配合されているので乾燥しにくい
ことに加え、

肌と同じアミノ酸でコーティングされているので、
肌へのなじみが良く、時間がたっても粉浮きしません。

もちろん肌を刺激するような成分も含まれていません
ので、トラブルを引き起こすことなく安心です。

しっかりと馴染んでくれることに加え、
ナチュラルなメイクができることも大きな魅了です。

また、パウダーファンデーションなのでお化粧直し
もとっても楽です。

保湿成分の「セラミド」がすごい

ヒアルロン酸に加えて、同じく保湿成分の「セラミド」
を含んでいるため、

高い保湿効果をもたらしてくれます。

このセラミドはヒアルロン酸と働きが少し違います。

ヒアルロン酸は水分を「抱え込む」のに対し、
セラミドは水分を「挟み込み」ます。

実はこの仕組みから、ヒアルロン酸よりも
保湿力が高いと評されています。

保湿力は2~24時間持続するそうです。

さらに、このセラミドはもともと私たちの
肌の角質層に含まれる成分なので、

私のような敏感肌でも刺激がなく、高い
保湿効果を発揮してくれます。

5. ファンケル パウダーファンデーション モイスチャーのカバー力

そのカバー力ゆえに、私はこのパウダーファンデー
ションモイスチャーを愛用しています。

ファンケルのファンデーションでカバー力を実感する

しっとりと馴染むパウダーで粉浮きを防止します。

また保湿成分が含まれているので、
乾燥にも強く、メイクが長持ちします。

特に、スキンケアベースとセットで使うことで、
カバー力をアップさせることができます。

6. ファンケル パウダーファンデーション モイスチャーの色選び

パウダーファンデーションモイスチャーには、
カラーが7色あります。

私が使っているのは「02番 ベージュライト」です。
この色が一番自分の肌色に合っているからです。

また、基本的に冬は明るめを、夏は暗めを選ぶ
ようにしています。

「03番 イエローベージュライト」を
基準として色を選ぶことが勧められています。

日本人の標準的肌色がこの03番です。

これよりも明るい人は00~02番を、
暗めの人は04~06番を選ぶと良いそうです。

また、頬の下のあご周辺の部分に最も
近い色を選ぶようにすると、

自然なメイクに仕上がります。

7. まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

敏感肌・アトピー体質の私が安心して
使っているファンケルの製品について

かなり理解して頂けたかと思います。

ファンケルの化粧品を実際に使って見ると
私のような「敏感肌」の方にもおすすめ
できると思います。

※ちなみに「日焼け止め」もファンケルを使っています。

刺激が少なく、また敏感肌でもメイクノリが良く
持続するようにつくられていると実感できて
いるので長年使っています。

特に20~40代の女性におすすめします。

注意点

質においてはもちろん申し分ないのですが、
価格が「安くもなく高くもない」という
レベルなので、

若い方にはハードルが高く感じられる
かもしれません。

また、比較的ナチュラルなテイストなので、
齢を重ねた方で「コックリ」したテクスチャー
がお好きな方には、少し物足りないと
感じるかもしれないです。

敏感肌や乾燥肌でなかなか自分に合う
基礎化粧品は見つけられないという方には、

ぜひ1度、ファンケルの化粧品を使って
試してみてほしいと思います!

▲このページの先頭へ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ