パパウォッシュお試しセット口コミ|40歳女性が酵素洗顔料essパパウォッシュ体験感想


●目次

essパパウォッシュのお試しセット届きました!

酵素洗顔のパパウォッシュってどういう商品?

essパパウォッシュ口コミ評価、実際に使ってみました!

ニキビ対策!パパウォッシュを上手に使うためには?

パパウォッシュのお試しセットトライアルは無料?


essパパウォッシュのお試しセット届きました!

お疲れ様です^^
AKIEです^^

私は、普段、飲食店(自分のお店)でお料理を作るのですが、
ハンバーグやフライドチキンがよく出ます。

その調理をする中で、どうしても空気中に油が飛散し、
お仕事が終わると、肌がベタゴワした感じになるので、
洗顔は油をとりすぎるんじゃないかっていうほど、
すっきり!!さっぱり!!という感触のほうが好みなんです^^

でも、そういう洗顔料は、ティーン向けが多く、
40代の私には、今度は突っ張りすぎるという
怖さがあるので、ティーン向けの洗顔料は使いたくない、

そこに、酵素の洗顔がいいよ、と進められたので、
パパイヤ酵素の洗顔料、「essパパウォッシュ」
試してみることにいたしました^^

(ちなみに「ess(イーエスエス)」はパパウォッシュを
販売している会社の名前です。)

パパウォッシュ

パパウォッシュ

早速、パパウォッシュのお試しセット
申し込んでみました!

注文から、手元に届くまで、2日程度。
スピーディーでした。

パパウォッシュ

パパウォッシュ

中には、製品と一緒に、エイジングケアについての説明や
パパウォッシュ以外の製品の案内、お客様の声など、
読みごたえある冊子も2冊入っています。

製品をチェックする前に、冊子を読みふけってしまいました^^

 

▲このページの先頭へ

酵素洗顔のパパウォッシュってどういう商品?

実際のパパウォッシュって、どういうもの?

パパウォッシュ

パパウォッシュ

パパウォッシュ30年以上のロングセラー洗顔料です。

パパイヤの天然酵素を配合していることで、ほかの洗顔料とは
違い、汚れを取り除くだけではなく、
パパイン酵素の働き(たんぱく質分解作用)によって、
皮膚の老廃物や古くなった角質を分解してくれます。

それによって新陳代謝のリズムが整い、
肌が清潔に明るくなり、化粧水や保湿液などの
水分が浸透しやすい肌になります。

パパウォッシュは、原材料にもこだわっていて、
沖縄の久米島の専用農場で農薬を使わず
パパイヤの自社栽培を行っているようです。

将来的に、100%自給の商品を目指しているというから、
信頼できるブランドなんだな、と感じます^^

▲このページの先頭へ

パパウォッシュ口コミ評価、実際に使ってみました!

さっそく、夜のお風呂タイムでの洗顔で使ってみることにしました。

濡れた手と顔に使用するとあるので、まずは水で顔を流します。
その後、手のひらに、パウダーを直接取り、そこにお湯かお水を足し、
ペースト状にしていきます。

もこもこ泡立てる必要はなく、溶けて少し泡立つ程度でよいそうです。

パパウォッシュ

パパウォッシュ

手に取るパウダーの量は、アーモンド粒くらい。

泡立てる必要がないというけど、ちょっと粉が溶けにくいかな?

泡立てる時、パウダーを取るほうの手を少しくぼませてから、
パウダー、お水を入れてくるくる溶かすと比較的やりやすいです。
でも、泡立てネットなどを使うほうがさっと泡立てる感じで
粉が溶けやすいかもしれません。

洗い方は、手のひら全体ではなく、「指3本で、小さくくるくる」が基本。

顔全体にパパウォッシュの泡を伸ばします。
泡立ててるわけではないので、ぺったりとした間隔。
いつもの泡立てる洗顔とやはり感触がちがいます。
額から指3本を使い、くるくるとこめかみに向かって洗います。
洗顔料が付いている状態なので、指すべりがよく、くるくると
小さく円を描きやすいです。

頬、あご、口元へと進みます。
その時、角質がたまりやすいあご先や下唇の下は入念に行うとよいようです。
あごはざらざらしやすいと、説明にはありますが、
私の場合さほど意識していませんでしたが、小さく指でくるくる洗うことで、
あ、ほかより、ちょっと荒い・・?と気づくことができました。
気づいたので、入念に入念にくるくる。

次に鼻、小鼻、目元目回りと進みます。
ここでも、小鼻は特に脂浮きしやすいところなので、入念に。
小鼻は、上下に指を動かしていたのですが、
洗ってるうちに、ふと、上下に動かす指に軽さが出た気がしました。

各パーツがすんだら、全体を今度は手のひらを使ってマッサージするように
しっかり優しく大きく手を動かしながら洗います。

酵素で汚れを分解して落とすので、泡の洗顔とは
質感が全く違いました。

泡の洗顔がもっちりマッサージとするなら、
パパウォッシュは、泡の層がない分、指の感触が
ストレートに感じられました。

最後にすすぎを。
すすぎはぬるま湯でしっかりと。
もういいかな、と思った後も、5~6回程度すすぐことをお勧めされています。

私は、洗顔の時、この、すすぎをすごく大事にします。

せっかくきれいに顔を洗っても、石鹸成分が残っていたら、
肌に負担がかかってしまうので、かなりしっかりすすぎます。
そして、もう一つの理由が、すすぎのさっぱり感が好きだから、
しっかりすすぐのです。

パパウォッシュは、1回目のすすぎで、お?!といつもの
洗顔と違う!と感じました。

洗顔料の流れるスピードが圧倒的にはやい
泡の洗顔料と違うので、1~2回でほとんどの洗顔料が
流れ終わっています。
泡の洗顔料だと、4~5回はすすがないと泡が切れないものです。

これはうれしい~^^

そのまま、水を変えながら、流水を洗面器に受け、
しっかりと何回もすすぎます。

私は、10回ほどぬるま湯、+10回をお水で流しました。

パパウォッシュをつかって、一番うれしかったのは、
この、すすぎが終わった時でした!

すっきりさっぱり感が、断然違う!!!

先出の文章でも記載しましたが、
油が空気中に飛散して、肌に張り付く感じがとても嫌でしたが、
そういう、肌に1枚膜がはったような感覚がきれいさっぱりと
すっきりはがれたように洗いあがりました^^

ほんとにすっきり!!!!さっぱり!!!!
こうだったらいいな、という、すっきりさっぱり感がここにあった感じです。

でも、ツッパリ感は全くありません
これは素晴らしです。

この後、化粧水などで肌を整えますが、
今日は、このすっきり感で化粧水などが
どのように肌に浸透するか、とても楽しみです。

洗い上がりの肌も、幾分、いつもより明るく感じます。

パパウォッシュ酵素洗顔料は、
すっきりさっぱり感により、今日の星は、
★★★★4つ!とさせていただきます^^

お仕事終わりの洗顔は、しばらくこれを使っていきたいと思います^^

AKIEが購入したパパウォッシュのお試しセット、今なら期間限定で
断然お得な価格でトライアル出来るので、

いい洗顔料にまだ巡り合っていない方や、
ニキビに悩んでいる方は、ぜひ使ってみて
欲しい洗顔料ですよ!

=============
パパウォッシュのお試しセット申し込みご案内詳細ページ
=============

 

▲このページの先頭へ

ニキビ対策!パパウォッシュを上手に使うためには?

ニキビ対策としての洗顔でも、評判のいいパパウォッシュ。

でも、ちゃんとしたニキビ対策を知って、
正しい使い方をしないと効果は半減です。。

なので、ニキビ対策洗顔としてパパウォッシュを使う
為の正しい方法のポイントを知っておいてください!

ポイントは7つ!

1、髪をすっきりとまとめて、手をキレイに洗う
2、洗顔中は顔全体を丁寧にマッサージするように洗う
3、ニキビの部分は「やさしく」、ベタつく部分は念入りに洗う
4、すすぎはしっかりと。洗顔後は清潔なタオルで軽く水気を取る
5、洗顔後は直ぐに化粧水で水分補給。手の平かコットンで。
顔全体にたっぷりと水分を含ませるように。あくまでも優しく。
6、そのときに「ニキビはつぶさない」で!雑菌が入らないように。
できるだけ触らないようにそっと。
7、ニキビがあるときは、ファンデーションはできるだけ
使わない方がベスト。ナチュラルな肌にしてストレスを
かけないように。

食べ物は脂分の多いものは控える、そして寝不足のないように
規則正しい生活を心がけてください!

正しくお手入れをして、元の「キレイなお肌」を取り戻しましょう!

今なら期間限定で断然お得な価格で
お試しができるパパウォッシュ↓

=============
パパウォッシュのお試しセット申し込みご案内詳細ページ
=============

 

▲このページの先頭へ

パパウォッシュのトライアルは無料?

酵素洗顔のessパパウォッシュには「トライアルセット」が
あります。

無料ではありませんが、

●パパウォッシュ(40g) 約40日分 定価1,944円
●エステVCエッセンスN(20mL) 約30日分 定価1,944円

↑この内容が「トライアルお試しセット」なら、

今なら期間限定で送料ナシで1,350円で手に入れること
ができます!

洗顔の心地良さは、AKIE体験済みですので、おすすめ
のパパウォッシュ。

ニキビ対策や、黒ずんだお肌を1トーン明るくしたい
方等はぜひお試しセットで体験してみてください!^^

=============
パパウォッシュのお試しセット申し込みご案内詳細ページ
=============

(ツイッターで紹介しました)

▲このページの先頭へ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ